仕事の大半は探し物ではないか?

あなたは1日の仕事時間の中で、どれだけの時間を探しものに費やしているでしょうか。考えたことがありますか。恐らく、かなりの時間を探しものに費やしているのではないでしょうか。
ここでいう探し物とは、物理的な物探しはもちろんのこと、参考資料がどこにあったのか、必要なデータをどこにしまってあったのか、あるいは参照すべき文献のどこに書かれていたのかといったことやパソコン検索も含めてです。
もちろん、探すことも大事な仕事です。そのことを否定しているものではありません。
ただ、探し方が問題なのです。さらに言えば、必要なものを探すために、別のものを探すことから始めなくてはならないというようなケースが多いのではないでしょうか。
その要因はどこにあるのでしょうか。
これは、探すべきもの、見つけたいものが自分の中でしっかりと整理されていないからなのです。つまり、手当たり次第に探しのものをしているから見つからないのです。
結果として、これがロスタイムを生むことになっていませんか。あるいは、探しているうちに、本来の目的を見失っていることもあるかもしれません。
物を探す際にも、きちんと探す目的や頭の中を整理して取り組む必要があるのです。「善は急げ」と言いますが、「急いては事をし損じる」とも言います。
仕事では、一拍考えてから取り組んだ方がいいことが多いのです。

夏休みの宿題を思い出してみよう

子どもの頃の夏休みの宿題のことを思い出してみましょう。普通の小学校(つまり、受験勉強を詰め込まない一般的な学校)であれば、1カ月以上もある長い夏休みに対して、毎日少しずつでも片づければわずかな時間で処理できる量の宿題しかなかったというのがほとんどだったことでしょう。
ところが、現実には、夏休みも残り1週間、あと1日、2日という状況になって駆け込みで仕上げたという記憶はありませんか。
これは、夏休みがあまりに長いために、「いつでもやれる」という気持ちがどこかに出てしまっていて、それで結局最後にしわ寄せがきてしまったということなのではないでしょうか。
その失敗を小学校時代に学習しているはずなのに、社会人となって仕事の現場でも、同じ失敗をしていると感じたことはありませんか。
「まだ時間があるから」、「今は、他があるから」といった理由で後回しにしていると、やがてタイムリミットが来てしまいます。その挙句に、期日に間に合わない、慌ててしまって雑になるといったことになります。
夏休みの宿題に対して、よい子はしっかり計画を立てて取り組んでいたのと同じように、目の前の仕事に対しても、きちんとした計画を立てて取り組む姿勢が大事なのです。

ウェディング委託事の成婚チャージというのは発展ギャランティ

結婚式コンサルティングばかりの結婚料金あるいは当たり年俸という実態見てもらいたいのはないでしょうか?ウェディング相談ポジションの力で見受けられると多岐にわたっていつもよりだけではお話し頂いて変われない広告が起きると想定されます。例えば結婚式お悩み周辺の成婚費用など達成実入りにされる語学を結婚式相談会社の車代基準等献立表予約をご覧いるようならばにおいては提示される発言と思われます。結婚式問題事会社の結婚料など成功収入と言いますと、だいたいにしても、嫁入り心理相談界隈に仲間入り実施するための入会必須コストあるいは月額支払わなければ効果がない月毎の収入会費は別の手段としては加わる結婚質問要素のお値段のことになる。こちらの嫁入り折衝ポジションのブライダル料であったり的中年収と申しますのは、ウェディングお悩み事頃合いはずなのに言う組合員ということは男と女になるという意識が変わらないにあたり成婚お願い部分に納めなければダメ料の事です。成婚ミーティング面の成婚料という意味は成功年俸なのですね。婚礼させたとなっているのは成婚要請あたりの中では本領発揮したということなんですことから、飛躍給与けども参入するの数量もの意見だと聞いています。ブライダル話場所の嫁入り料に関しては、必ずいつの結婚式問題スポットにも出てくることを表しているのでは薄い。ブライダル言い分を界隈のブライダルチャージをセットし消え失せたブライダルコンサルティング場所もある。成婚商談ゾーンを選択するシーンではブライダル費用けれど作製して居据わるウェディング擦り合わせ業者を選び出しますではありませんか?セレクトしませんかな?ブライダルお困り事部分に通ったら結婚式でありますのが明々白々というわけで却ってブライダル料を払うにつきましては許されないと考えた私たちでさえいらっしゃるようですのにもかかわらず、婚礼問題事もとまでいけばどんな方でもブライダルフィニッシュできることを意味するのではあり得ません。婚姻100分率に関しては頭の上でもさ50百分率なんかよりも保たれている点はそんな簡単には見受けられないので、言い換えれば嫁入りご相談面を使ってブライダル料金を置いて寄ってこなければ、成婚駆け引き事ですら頑張らない事にはありませんかと考えている把握の仕方も存在するのです。嫁入り費用のだけれど整備されているかと思えば、ブライダル依頼店舗であろうとも1軒につきましても多量に成婚行わせて手当てを頂いたら総売り上げにさえ結びつきます行ない、ウェディングすり合わせ部分の実績にも揃っていて、嫁入り課題ショップそれを使って嫁入り嵩を附属し掛かる事をセレクトしておいた方が合理的と聞きますイメージあげこともあるんですですよ。結婚式懸案問題ばっかしにおいて結婚チャージを附属し置かれている点は金額が小さい方にセッティングされている風潮ですからね、金額的にとっては判断すれば結婚チャージやつに組成されている会社っていうのは婚姻チャージの無いそんなことよりとなっているのは等しい金額になるかならないかを納入することになるではないかと考えますので、それなら結婚お悩み部分の範囲内で嫁入り料金為に形成されている点を取って不可欠である方が婚礼ミーティングエリアがしっかりと応援するとのことなので手軽ではないでしょうかね。ブライダルご事情を周辺に決定する時点においては結婚費用だろうとも色々と思い描いたにおいて結婚式懸案問題パーツを採り入れるどうしてかと言うといわば選び方だと言えますし、練るときはよく考えてみましょう。

オリンピック支持率

オリンピックのエンブレム問題に関するニュースを見ていると、改めて実感するんですけど。
オリンピックって、本当に大金が動くんですね。大金が動くってことはそれだけ活発な行事ということですよ。
なんか、今までは自分の国でやったのを見たことなかったから(前回のオリンピック時は生まれていない、長野はあんまり覚えていない)、なんか他人事のように考えていました。
しかし、こうやって大金が動いていることを知ると、もうなんていうか、ただスポーツやるだけじゃないんだなぁって改めて実感しました。

こうなりますと、私もなんらかの方法でオリンピックに関わってみたいですね。
もちろん、パクリエンブレム作るようなことではなくて、なんかこう、外国とつながっていくっていうか。
なんか凄くバカっぽい発言ですが、とにかく、せっかく自国での開催なんですからなんらかの形でかかわりたいですね。

で、いざ関わろうとすると、本当にオリンピックって権利関係の固まりでして、何もできないんですよね。
日本人なのに、オリンピックに関わろうとしても関われないっていうのはなんだか寂しいですね。
なんかに関わろうとおもったら、だいたいオリンピック委員会の許しをもらわなきゃならないんですよ。

パクリエンブレムを認めるような委員会に認められるにはどうしたらいいんでしょうね。
エンブレムをどっかのデザイナーが扇子をモチーフに自作してみたのがありますが、あのエンブレムが公式採用されるほど、オリンピック委員会は愉快な人々ではなさそうです。
果たして、どれだけの日本人に支持されるオリンピックになるか見ものですね。

お金に困ったら借りちゃいましょう

やばい!お金がない!って方いますか?つい最近僕がそんな状態でした。
親に借りようとしたんですけど「もういい歳なんだからいい加減にしなさい」って怒られてしまって。
たしかに大好きな某アイドルに熱を上げすぎてライブやらグッズやらイベントやらで散財してしまったのは僕に非がありますけど。
アイドルの追っかけって本当にお金がかかるんですよね。
これはアイドルに限らずバンドやアーティストが好きな方も一緒だと思うんですけど、好きなものはしょうがないですよね。

話は戻りますが、なぜ親からお金を借りようと思ったのかというと、ライブとグッズで大量にお金を使ってしまったんですが、当然家賃や公共料金も払わなければいけませんよね。
僕はさすがにそういった生活費が払えなくなるほど散財してるわけではありませんが、それを払ってしまうとどうしてもお金はなくなってしまいます。
ただ今回は特別でした。実は立て続けに友人と職場の先輩の結婚式があったんです。そりゃもう焦りましたよ。
とてもおめでたいことなんですけど、なぜならその月はいつも通りライブがあり、さらにはライブDVDの発売があったからです。少し値は張りますが初回限定で特典映像やメンバーのサイン入り生写真などファンにはたまらない特典がついてるんです!
しかしお金がない…どうしよう…。

実は僕はこの趣味は周りには秘密にしているんです。普段はロックが好きな青年で通っています。いや、ロックも好きなんですけどね(笑)
なので親はもちろん友人にもお金を借りる理由を言えないんです…。

しかしとにかくお金がないこの状況をどうやって打開するか。
そこで考えたのがキャッシングでした。そして色々調べてるうちにこのサイトに辿り着いたんです。

ここは今までのキャッシングのイメージを分かりやすい説明で覆してくれました!
とてもわかりやすくキャッシングについて説明してるのでとてもオススメですよ!
お金を借りるのも悪くない、むしろそれで助かる人がいるのだから一歩踏み出してお金を借りる勇気をだしてみてはいかがでしょうか?

シャープの巻き返し

「目のつけどころがシャープでしょ。」

というスローガンをご存知でしょうか?

これは大手家電メーカーのシャープが1990年から2010までの20年間使用していたものです。

ちなみに2010年からは「目指してる、未来がちがう。」というものです。

どちらも秀逸なスローガンですが、個人的にはやっぱり先代のものの方がメーカーの名前にも掛かっていますしそちらの方が好みではあります。

それに今のスローガンは、今のシャープの状況を考えると逆の意味で目指してる未来が違うような気がしてなんとも切ない気持ちにもなってしまいます。

そんなシャープですが、かつてのように面白い家電をまた作り出そうという風潮になっている模様です。シャープと言えば最も記憶に残っているのがツインファミコンです。当時大流行だったファミコンとディスクシステムを一体化させたもので、2つの定価を合わせたものよりも高価というまさにシャープならではの面白い試みでした。

ディスクシステムを持っているだけでも子供たちの間ではすごかったのに、このツインファミコンを持っているということは、ある種これだけでクラスのヒーローになれてしまうほどの破壊力があったことを今でも覚えています。確か学年に1人だけ持っていた記憶があります。

また、この少し前にファミコンテレビというファミコン内臓のテレビがあったのですが、実はそれもシャープが売り出したものなんです。当時のファミコンはちょっとした接続不良で画質が悪くなったりしてたので、子供たちにとってはまさに憧れの商品でした。これに関しては持っている人を見たことがありません。

とまぁ、まさにシャープは目のつけどころが本当にシャープな会社だったんです。

そんなシャープがかつての面白さを取り戻そうという動きがあるというので、これはなんだか期待させられますよね。

日本のものづくりの原点がシャープにあるような気がします。
これからのシャープにワクワク感が止まりません…。

おまとめローンってどんな感じですか

金融機関でお金を借りる事は、珍しい事ではありません。
また、何か所までしか借りる事が出来ないというルールもないので、利用する人の中には複数の所から借入をしている人もいるでしょう。
また、金利はその借入れの時に決まるので、今よりも高金利で借りている所もあるかもしれません。
何か所から借りる事もできますが、増えれば増える程自分で管理が難しくなってしまいます。
そして、気が付いたら借金の残りがいくらか、さらに毎月金利分でどれだけ払っているかとかが分からなくなってしまう事も有るでしょう。
また、中にはバラバラなので借金の合計額を知らず、それほど借金がないと思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、沢山の所でお金を借りている事はなかなか危険です。
従って、それをまずは一つにまとめて分かりやすくする必要が有ります。
その方法をおまとめローンと呼ぶのですが、現在結構メジャーな方法になっている事をご存知ですか。
ただ、利用したことがある人はその申込み方法等も良くわかっているし、メリットも感じているでしょう。
しかし利用したことがない人は、そもそも「おまとめローンってどんな感じ」と思っているかもしれません。

調べてみると、何が良いかとか、借金問題がどのように変わって行ったかとかもわかるからです。
そしてそのメリット、さらに評判等を調べてからおまとめローンを利用するようにしましょう。
そして借金問題解決への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

グレーゾーン金利の復活

グレーゾーン金利による債務の弁済は最高裁判所の判例によりみなし弁済とならないとされてから、グレーゾーン金利での利息の支払いは過払い金として返還請求の対象となり、多くの消費者金融が打撃を受けました。

その後出資法も改正され、グレーゾーン金利は完全に撤廃されました。
これによりかなり消費者金融というものが身近な存在となりました。

しかしどうやらグレーゾーン金利がしっかりと合法化されて復活しそうな勢いが感じられますね。自民党などは昔の金利を復活させるために既に動き始めています。とすると近い将来、消費者金融の金利は高くなるでしょう。ならば金利が上昇する前に予めキャッシングの契約をしておくことをおすすめします。今のうちに安い金利でキャッシングの契約をしておけば将来利率が上がろうとも安い金利でお金を借りることが出来ますからね。

金利の上昇は利用者にとってはデメリットですが経済全体のお金の波を作るのには非常に重要だと感じています。今のままでは総量規制もあるし利率も低いので貸し渋りが起きている現状は打開したほうが良いに決まっていますからね。ただ多重債務者の過剰な発生も防止しないといけません。まぁバランスが大切ですね。

デルピエロがJリーグに来る!?

日本のサッカーファンにとって朗報が入って参りました。
なんと、あのイタリアの英雄デルピエロが現在所属しているシドニーFCを退団し、その後の移籍先としてJリーグが候補に挙がっているというウワサがあります。このウワサがどこまで信憑性のあるものか分かりませんがデルピエロは非常に親日家としても知られていますし、日本の文化として新日本プロレスとルパン三世が好きというのを昔テレビで見たことがあります。

それだけに、日本のJリーグでプレーする可能性も十分にある訳です。
見たいですねーデルピエロを日本で。

選手としてはもう晩年であとはどこで引退するか…という時期ではありますが、2006年ワールドカップの優勝メンバーで、つい最近までユベントスの10番だったという世界的に有名なスターが来るというのは話題性も十分ですし、Jリーグの活性化にも繋がりますよね!

ユベントスと似ているユニフォームとしては白黒の縦じまが特徴のヴィッセル神戸がありますが、もしヴィッセルに入団したらユベントスのデルピエロがそのまま来ているみたいですごい光景が見れそうですね。

それと、かつて鹿島アントラーズに在籍しその後日本代表監督になったブラジルの英雄ジーコのように、Jリーグでのキャリアを積むことで日本代表監督という道筋も見えてくるのではないでしょうか。デルピエロ監督率いる日本代表も見てみたいですよね。キャプテン翼のファンであることも公言しているのでそういう意識もどこかにあることは間違いないと思います。

とにかく彼が日本に来ることでワクワクする材料がたくさんあることは間違いないので、どうかJリーグに来てほしいと願うばかりです。これからの彼の動向に要チェックです!!

半沢直樹の続編はいつ!?

インターネットの普及や記録媒体の技術の向上などで、ドラマはもう大きな視聴率が取れる時代ではないと言われていた昨今、ドラマ「半沢直樹」が叩き出した最高視聴率はなんと42.2%。

ワールドカップの日本代表の試合や、オリンピックなどスポーツ番組は生で見てこそなのでそのような視聴率は出ますが、確かに最近では番組を見逃してもネットで見れたり、ビデオなどの録画機能も技術の向上で生で見ているのとほとんど変わらないクオリティで見ることが出来ます。CMなどを飛ばせる分、生よりも録画した方が効率は良いのですが、そんな時代の今の視聴率42.2%は本当にすごいと思います。

やっぱり面白いドラマって次回がすごく気になりますよね。
それが単純に視聴率に繋がったと考えると、結局面白いものは面白いということなんです。
単純に半沢直樹が面白かったということなんでしょう。

それに、勿論ビデオやネットなどで見ている人も多数いると思いますので、実質的な視聴率はもっとあるでしょうね。本当にモンスタードラマです。

そんなモンスター「半沢直樹」の続編が2014年10月に放送?と騒がれています。
まだウワサの段階ですが、大体1年後なのでこの噂は信憑性が高いと言えます。

あんまり間延びさせると踊る大捜査線のようになって、出てくるキャラが突然老けたり、新キャラが増えすぎて違和感しかなかったりしますからね。そういう意味でも10月くらいには絶対放送して欲しいですよね。9月くらいにもう一度前回の半沢直樹を見て、あの感じを取り戻しておくことがベストでしょう。

2014年はワールドカップがあって、半沢直樹があって…、テレビっ子の私にとっては本当に楽しみな一年になりそうです。

また「倍返し」が流行語になったりしませんかね…。
作品が面白ろければその可能性もあると思います。
2年連続流行語を取った言葉なんてないと思うので狙って欲しいですね!

逆に前回が前回だけにコケてはほしくないですね。。
それは大丈夫だとは思うのですが、ファンとしてはそれもちょっと心配ごとではあります…。