グレーゾーン金利の復活

グレーゾーン金利による債務の弁済は最高裁判所の判例によりみなし弁済とならないとされてから、グレーゾーン金利での利息の支払いは過払い金として返還請求の対象となり、多くの消費者金融が打撃を受けました。

その後出資法も改正され、グレーゾーン金利は完全に撤廃されました。
これによりかなり消費者金融というものが身近な存在となりました。

しかしどうやらグレーゾーン金利がしっかりと合法化されて復活しそうな勢いが感じられますね。自民党などは昔の金利を復活させるために既に動き始めています。とすると近い将来、消費者金融の金利は高くなるでしょう。ならば金利が上昇する前に予めキャッシングの契約をしておくことをおすすめします。今のうちに安い金利でキャッシングの契約をしておけば将来利率が上がろうとも安い金利でお金を借りることが出来ますからね。お勧めの業者はキャッシングすぐにというサイトに掲載されています。

金利の上昇は利用者にとってはデメリットですが経済全体のお金の波を作るのには非常に重要だと感じています。今のままでは総量規制もあるし利率も低いので貸し渋りが起きている現状は打開したほうが良いに決まっていますからね。ただ多重債務者の過剰な発生も防止しないといけません。まぁバランスが大切ですね。

デルピエロがJリーグに来る!?

日本のサッカーファンにとって朗報が入って参りました。
なんと、あのイタリアの英雄デルピエロが現在所属しているシドニーFCを退団し、その後の移籍先としてJリーグが候補に挙がっているというウワサがあります。このウワサがどこまで信憑性のあるものか分かりませんがデルピエロは非常に親日家としても知られていますし、日本の文化として新日本プロレスとルパン三世が好きというのを昔テレビで見たことがあります。

それだけに、日本のJリーグでプレーする可能性も十分にある訳です。
見たいですねーデルピエロを日本で。

選手としてはもう晩年であとはどこで引退するか…という時期ではありますが、2006年ワールドカップの優勝メンバーで、つい最近までユベントスの10番だったという世界的に有名なスターが来るというのは話題性も十分ですし、Jリーグの活性化にも繋がりますよね!

ユベントスと似ているユニフォームとしては白黒の縦じまが特徴のヴィッセル神戸がありますが、もしヴィッセルに入団したらユベントスのデルピエロがそのまま来ているみたいですごい光景が見れそうですね。

それと、かつて鹿島アントラーズに在籍しその後日本代表監督になったブラジルの英雄ジーコのように、Jリーグでのキャリアを積むことで日本代表監督という道筋も見えてくるのではないでしょうか。デルピエロ監督率いる日本代表も見てみたいですよね。キャプテン翼のファンであることも公言しているのでそういう意識もどこかにあることは間違いないと思います。

とにかく彼が日本に来ることでワクワクする材料がたくさんあることは間違いないので、どうかJリーグに来てほしいと願うばかりです。これからの彼の動向に要チェックです!!

半沢直樹の続編はいつ!?

インターネットの普及や記録媒体の技術の向上などで、ドラマはもう大きな視聴率が取れる時代ではないと言われていた昨今、ドラマ「半沢直樹」が叩き出した最高視聴率はなんと42.2%。

ワールドカップの日本代表の試合や、オリンピックなどスポーツ番組は生で見てこそなのでそのような視聴率は出ますが、確かに最近では番組を見逃してもネットで見れたり、ビデオなどの録画機能も技術の向上で生で見ているのとほとんど変わらないクオリティで見ることが出来ます。CMなどを飛ばせる分、生よりも録画した方が効率は良いのですが、そんな時代の今の視聴率42.2%は本当にすごいと思います。

やっぱり面白いドラマって次回がすごく気になりますよね。
それが単純に視聴率に繋がったと考えると、結局面白いものは面白いということなんです。
単純に半沢直樹が面白かったということなんでしょう。

それに、勿論ビデオやネットなどで見ている人も多数いると思いますので、実質的な視聴率はもっとあるでしょうね。本当にモンスタードラマです。

そんなモンスター「半沢直樹」の続編が2014年10月に放送?と騒がれています。
まだウワサの段階ですが、大体1年後なのでこの噂は信憑性が高いと言えます。

あんまり間延びさせると踊る大捜査線のようになって、出てくるキャラが突然老けたり、新キャラが増えすぎて違和感しかなかったりしますからね。そういう意味でも10月くらいには絶対放送して欲しいですよね。9月くらいにもう一度前回の半沢直樹を見て、あの感じを取り戻しておくことがベストでしょう。

2014年はワールドカップがあって、半沢直樹があって…、テレビっ子の私にとっては本当に楽しみな一年になりそうです。

また「倍返し」が流行語になったりしませんかね…。
作品が面白ろければその可能性もあると思います。
2年連続流行語を取った言葉なんてないと思うので狙って欲しいですね!

逆に前回が前回だけにコケてはほしくないですね。。
それは大丈夫だとは思うのですが、ファンとしてはそれもちょっと心配ごとではあります…。

気になったニュースいきますよ!