グレーゾーン金利の復活

グレーゾーン金利による債務の弁済は最高裁判所の判例によりみなし弁済とならないとされてから、グレーゾーン金利での利息の支払いは過払い金として返還請求の対象となり、多くの消費者金融が打撃を受けました。

その後出資法も改正され、グレーゾーン金利は完全に撤廃されました。
これによりかなり消費者金融というものが身近な存在となりました。

しかしどうやらグレーゾーン金利がしっかりと合法化されて復活しそうな勢いが感じられますね。自民党などは昔の金利を復活させるために既に動き始めています。とすると近い将来、消費者金融の金利は高くなるでしょう。ならば金利が上昇する前に予めキャッシングの契約をしておくことをおすすめします。今のうちに安い金利でキャッシングの契約をしておけば将来利率が上がろうとも安い金利でお金を借りることが出来ますからね。

金利の上昇は利用者にとってはデメリットですが経済全体のお金の波を作るのには非常に重要だと感じています。今のままでは総量規制もあるし利率も低いので貸し渋りが起きている現状は打開したほうが良いに決まっていますからね。ただ多重債務者の過剰な発生も防止しないといけません。まぁバランスが大切ですね。