夏休みの宿題を思い出してみよう

子どもの頃の夏休みの宿題のことを思い出してみましょう。普通の小学校(つまり、受験勉強を詰め込まない一般的な学校)であれば、1カ月以上もある長い夏休みに対して、毎日少しずつでも片づければわずかな時間で処理できる量の宿題しかなかったというのがほとんどだったことでしょう。
ところが、現実には、夏休みも残り1週間、あと1日、2日という状況になって駆け込みで仕上げたという記憶はありませんか。
これは、夏休みがあまりに長いために、「いつでもやれる」という気持ちがどこかに出てしまっていて、それで結局最後にしわ寄せがきてしまったということなのではないでしょうか。
その失敗を小学校時代に学習しているはずなのに、社会人となって仕事の現場でも、同じ失敗をしていると感じたことはありませんか。
「まだ時間があるから」、「今は、他があるから」といった理由で後回しにしていると、やがてタイムリミットが来てしまいます。その挙句に、期日に間に合わない、慌ててしまって雑になるといったことになります。
夏休みの宿題に対して、よい子はしっかり計画を立てて取り組んでいたのと同じように、目の前の仕事に対しても、きちんとした計画を立てて取り組む姿勢が大事なのです。